イワシ式

個人的なマンガの感想を細々と書くブログ

「中学性日記」感想のあとがき

前回取り上げた「中学性日記」だが、同作者の「mon*mon」を昨年ブログで取り上げていたおかげで、先日ちょっとした事件が発生した。

中学生はセイチョウ中!(「中学性日記」感想)

アラサーは悶々としてます!(「mon*mon」感想)

中学性日記(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

中学性日記(1) (アクションコミックス(月刊アクション))




このブログのPVだが、あまりトレンドを考えずにただ自分の好きなマンガを取り上げているので、最近は新しい記事を書こうがあまりアクセス数は変わらず、だいたい毎日同じぐらい。

ところがこの前の日曜日の3月2日に突然、普段をはるかに超える勢いでPVが増加!

日中は外出していたので、スマホはてなブログのアプリからチラッとPVを見たら、ありえない伸びになっとる!

何なんだ?
しかも読まれているのが「mon*mon」の記事?
「mon*mon」によく似た何かが話題になってんのか?

つい最近、新作の「中学性日記」出たしなぁ~、それで増えてんのかな?とも思ったが、なぜ今日突然??しかも「中学性日記」自体ではないし。


何だ?何が起こってるんだ?
もしかしてどっかにリンク貼られて炎上してんのか??はてブか?


わけがわからずにビビる。。


夜、帰宅して調べてみて、ようやく理由が判明。


朝日新聞朝刊の書評にて、「中学性日記」が取り上げられていた。
しかも、その中で「mon*mon」の名前も出てる。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11007041.html


これかぁ~。
いや、新聞すげーわ。


「mon*mon」はいいマンガだと思うが、いかんせんマイナーなためかブログも少なく、Google先生からは1ページ目に表示してもらえるという特別待遇だったため、めっちゃ恩恵受けれた。普段の10倍ぐらいのアクセス。

そんな事件のあとに、今度は便乗する形で「中学性日記」の記事も書いた。いや、これは新聞出る出ない関係なく、前から書こうと思ってた。いつもタイミング逃す。



が、そのブームが去ると、今度は前に比べてもPVがガクーンと下がる。


んん??


話題になった分、相対的に検索順位が下がったのか。
PV稼いだにも関わらず、直帰率がすげー高いから、Google先生から価値ナシと判断されてしまったのか。。


以前から直帰率をもっと下げたいなぁと思っていて、今年の頭から、はてなブログではきちんと対応していない3カラムの形式にして、人気記事とか横に挙げてみたりしたけど、これ全然効果ない。
あとは、本記事と別にこういう「あとがき」をつけてみて、まぁ、これは多少効果あるかという感じ。


そんで「関連記事を自動で表示したいなぁ~、zenbackって簡単そうだな」と思ってたが、間が悪いことに、これをPV増えた日に導入してしまった。
「これを入れたがためにページの表示速度が遅くなり、嫌われたのでは?」とか「何らか検索結果に影響を与えているのでは?」と考えるべき要因が増えてしまってわけわからん状態。
しかも、関連記事で表示されるのがイマイチ自分の想定してる感じでない…。時間たつと最適化されるのか?



ま、もともと別に大してアクセスないし、急にzenback外して2カラムに戻したりしても泥沼だと思うんで、しばらくはこれで様子見かなぁ。

結局は読みやすくて、中身のある記事を書けってことですね。



ちょっと別の話。



ここ2回は「彼女のカーブ」、「中学性日記」と、エロでもなく、ラブコメともちょっと違う、なんというジャンルかよくわからないが「性のあるある系」をとりあげてきた。
別にこういうジャンルばっかり読むっていうわけではないけど、素直にマンガとしてこれらの作品は面白いと思った。


で、ブログ書いて、ツイッターで「ブログ更新しました」ってつぶやいていたら、なんと両作家さんからリツイートされる!

「彼女のカーブ」


「中学性日記」




うおおお!
実は超うれしい!
ブログやっててよかった!



でも、オンラインコミュ障なので、ツイッター上では無反応を決めこむ。。


冒頭に書いたのもそうだけど、むかーしオレンジ色したSNSでプチ炎上してから、ネットでコミュニケーションとるのこわい…。
もうおっさんだし、完全時代遅れだわ…。



ちなみに、自分はマンガ家を「先生」と呼ぶのはあまり好きでない。
社会人になったばかりの頃、教師ではないが「先生」と呼ばれる職業(の見習い)をやっていたことがあるが、お客さんから「先生」と呼ばれるのはどうも違和感があった。
(意外にこういうお仕事はたくさんある)


とりあえず顔を立てておくかというか、名前覚える気がないというか、何ともバカにされてる感じ。


「先生と 言われるほどの 馬鹿でなし」なんて川柳もあるぐらいだし。


今はそんな世界とは無縁なので平和。


もちろん作家というのは本当に素晴らしい方々なので「先生」とつけるの当然なのかもしれないが、自分の中では教師以外の人に「先生」とつけるのにやはりタメライがあるので、敬称つけなかったり、「~氏」とかしたり、これはこれでお前偉そうだなと。


こんなことで叩かれたらやだなぁなんて思ってツイッターでも、好きな作家さんの名前つぶやくのチュウチョしたり。
大丈夫、お前のツイッターなんて誰も見てないから。
うん、わかってはいる…。


あぁ~、こんなこと考えて悪化する一方だわ。。

中学性日記(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

中学性日記(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

広告を非表示にする